美味しいりんごを描きました 回復アイテムの配置方法と条件式

HAHA!!この程度なら10分くらいでかけるようになったぜ!!

…今日も内部的な調整を繰り返しています。その地味な作業に飽きてきたのでアイテムを追加しようと思いました。

そう、CF2.5ならね

CF2.5はG2Aでかなり安く(steamの1/10くらい)購入出来ます…。

何と作成から衝突判定や接触時効果、消滅処理まで全部含めて5行です。CF2.5はアクションゲー作成に最適化されていると感じさせる理由がこれです。

変に捻ったゲームを作ろうとしなければ、CF2.5は最高のゲームオーサリングツールになり得るのです…

回復アイテムの配置方法

簡単に要件定義しておきましょう。

  • 8秒ごと1/8の確率オブジェクトを作成する
  • 表示領域内に作成する
  • 7秒間プレイヤーが衝突しなければ、破壊する
  • 背景に衝突した場合、停止する
  • プレイヤーと衝突したら回復させる。効果音を鳴らす

みたいな感じです。これを元に作成していきます。

初期処理

  1. フレームに回復アイテムを配置する。オブジェクトはアクティブで作成すること
  2. 回復アイテムのプロパティ – 表示オプションから開始時に表示のチェックを外す
  3. 回復アイテムのプロパティ – 表示オプションから開始時に作成のチェックを外す
  4. プロパティの動作オプションからベクター動作を選択する。
    • 開始時に移動のチェックを入れる
    • アニメーションの方向を自動的に変更のチェックを入れる
    • 重力 / 加速の強さを800とかに設定しておく

条件式

参考にどうぞ。上の要件定義した感じに設定しましよう。

ベクター動作について

別に回復アイテムは移動したりすることは無いので、ジャンプとはしごは大げさです。それにジャンプとはしごはバグがあるので、割りと柔軟に設定出来るベクター動作にしましょう。重力も設定出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。