CF2.5の「オブジェクトの発射」は使うなって言うけれども

じゃあどうやって発射を実装すればええの?ってなりませんでしたか?私もちょっと悩みましたが、実装してみたら意外と簡単に出来ました。
今日はその解説と言うか備忘録的に書き残しておきます。

やり方

順番にやっていきましょう。

下準備

フレームエディタ上でアクティブオブジェクトを作成して配置します。配置後は必ずプロパティ上で以下の設定を変更しましょう。

  • 開始後に表示のチェックを外す
  • 開始時に作成のチェックを外す

これをやっておかないと、フレームが開始した時点でレーザーが画面上に現れるためシュールになってしまいます。

オブジェクトの作成

適当なキー(例: Shiftキー)を押した時に発射されるようにしましょう。マウスポインタとキーボード - キーボード - 何かキーを押したか?から、Shiftキーを押下したらオブジェクトの作成アクションを行います。下準備で配置したレーザーなりビームなりを選択して下さい。1)オプションで発射地点とかプレイヤーの向きに合わせて自動設定してくれる便利機能があるので、必要なら設定して下さい。
とりあえずテスト実行してみて下さい。発射したは良いけれどもちっとも動かないですよね?次はビームを直進させる処理を実装しましょう。

発射

位置 – x座標を変更
から現在のX座標 - 移動させたい数値を入力します。簡単~

終わり

なんという殴り書き…w

    脚注   [ + ]

    1. オプションで発射地点とかプレイヤーの向きに合わせて自動設定してくれる便利機能があるので、必要なら設定して下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。