CF2.5でゲーム中にスクリーンショットを取る方法

CF2.5には、デフォルトでスクリーンキャプチャオブジェクトという便利なものが用意されていますが、CF2.5にありがちな「情報不足で使い方がよく分からない」という根本的な問題を抱えています。

やり方

事前準備

これは別にやらなくても出来ます。

概要

  1. 格納するフォルダを用意します
  2. もしも格納するフォルダが存在しないなら、作成します

詳細手順

  1. 新規オブジェクトでファイルオブジェクトを作成します。
  2. 条件式を設定します。もしもスクリーンショット/フォルダが存在しないなら作成するです。

スクリーンショットを撮る

概要

  1. スクリーンキャプチャオブジェクトを作成して配置して下さい。
  2. オブジェクトをダブルクリックして、設定を行って下さい。

– 出力ファイル名を適当にスクリーンショット\とかにしておいて下さい。
1. 条件式を作成します。
– F12キーを押したら、"スクリーンショット/" + Str$(timer) + ".jpg"として保存します。

型変換(キャスト)

Str$()で囲んで上げると、文字列へと型変換が出来ます。型変換しないと例えば

"この処理は" + 1 + "番目の機能です。"

みたいな結合が上手く出来ません。

これは

文字列 + 数値 + 文字列

を結合しているからです。上記を上手く結合してあげるためには以下のようにキャストします。

この処理は" + Str$(1) + "番目の機能です。"

ってしてあげて下さい。

実際に確認してみて下さい。何故か連番が上手く行かないので、タイマー時間を拾って連番代わりにしています。もっとうまい方法があれば教えてください。

まとめ

終わり~

[ajax_load_more container_type=”ul” post_type=”post” category=”%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%bccf2-5,%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0,%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e4%bd%9c%e6%88%90,%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0″ progress_bar=”true” progress_bar_color=”ed7070″ images_loaded=”true”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。