Pythonのスクリプトをディレクトリに纏める方法(Python3.6.1)

今まで全部同じディレクトリ上に配置して、脳死でコード書いていましたが、packageを使うとファイルを別のディレクトリに纏められるんですね…なんで誰も教えてくれなかったの(人のせい)

おまじないだと思っていたfrom module import Moduleの謎もなんとなく解けたような…

手順

  1. ソースを格納したいディレクトリを作る(例:sources/)
  2. sources/内に__init__.pyを作ること。中身は空で良い
  3. まとめたい〇〇.pyファイルを片っ端から入れる

基本的にこれだけです。

PyCharmを使っている場合は、File → New → Python Packageで簡単に作れます。

importの仕方

格納したはいいけど、importどうするんだよハゲという意見もあるでしょう。私もずっとそう思ってました。脳死で

from unko import Unko

って書いてましたが、これをちょっと改良するだけです。すなわち

from sources.unko import Unko

これだけなのです。これだけで呪いのごとくルートディレクトリに鎮座していたスクリプトたちとはおさらば出来ますw

終わり

わかってみれば、なんで知らなかったんだこんな単純な機能…って感じです。ちなみにオライリーが誇る最強のPython教科書入門Python3には、ばっちり書いてありました…w

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。