「巨乳巫女痴漢電車」製作日記その5

昨日半徹夜で4時間以上やっても解決出来なかった問題が、今日試したら10分で解決しました。プログラマーの時給制が如何に無意味であるかが分かる良い事例です…ってそんなことはどうでもいいですねw

胸愛撫からの股間攻撃を実装しました。

敵キャラに「興奮度」という隠しパラメータを追加しました

敵の興奮度が一定以上に高まると胸愛撫から股間攻撃に移行します。股間攻撃の方が威力が高い…みたいなのも考えたのですがそうでもない気がしたので据え置きしました。単純にアニメーションが切り替わるだけです。

このアニメーション遷移の処理で徹夜しました。皆さん徹夜は辞めましょう…費用対効果が悪すきます。寝たほうが百倍効率が良いのです。

話が飛びましたが、HPとか攻撃力とか、そこら辺は純粋なACTゲームでもないし、個人的にはACTゲームの皮を纏った痴漢シミュレーター(抜きゲー?)を目指しているので問題じゃないのです。HPの概念もほぼ曖昧です。フレーバーと言っても良いかもしれません。だって別にヤラれても死ぬわけじゃないし…って思ってますw

今後の予定

あっさり解決してしまったので、少し拍子抜けしました。
しばらくプログラムは置いておいてお絵かきに戻ります。次もエロ攻撃を実装する予定です。

巨乳巫女痴漢電車の予告ページ(外部サイト)

よろしければお気に入りに入れて頂けると、励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。