windows用のawscliは使っちゃ駄目だよ

あれ、最新版でも中身はpython2で動いているので、文字コードで糞ハマって時間を無駄にすることになるよ。Python2はascii至上主義だからね。仕方がないね

python3からpip installしよう

Python3はデフォルトの文字コードがunicodeで解釈されるので日本語も扱えるようになります。Python3の最新版をインストールしたら以下のコマンドをちぇけら。

PythonをインストールするときにPATHを通す…的なチェックを入れておかないと自分で環境変数を入れないといけなくなりますw
pip install awscli

色々関連モジュールもインストールされますが、成功したらawscli configureでログインします。4つほど項目が出てきますので順番に。アカウントの登録時に色々csvとかダウンロードしませんでしたか?あの中に入っていますので探しましょう。シラネーヨって方は…シラネーヨ

> awscli configure

AWS Access Key ID [****************HOGE]:
AWS Secret Access Key [****************4545]:
Default region name [us-east-1]: # バージニア北部の場合
Default output format [json]: 空Enterでおk

無事成功しても特に何も起こらないのですが、以下のコマンドが通るようになるはずです。

> aws s3 ls s3://
2018-07-05 19:15:47 "制作済みのバケット名が出てくるよ"

とまあ、ここまでは公式のwindows用awscliクライアントでも出来ますが、s3内にあるファイル名が日本語だったりすると常にwarningが出てくることになりますし、何よりaws s3 cpとかaws s3 mvとかのコマンドを入れてもファイルが取得出来ないという困ったことになります。

悩んだら、素直にpython3でインストールしたほうがいいよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。