【2018年版】XSERVERにanaconda3をインストールしようの会

デフォルトだとeasy_installは愚か、pipすら使えない可愛そうな環境なのでanaconda3をインストールして自由を謳歌しましょう!!

やり方

※正式なマニュアルはこちらです。

ここからanaconda3のlinux(64bit) x86版をダウンロードしましょう。それからbashコマンドで実行します。


wget https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-5.1.0-Linux-x86_64.sh
bash Anaconda3-5.1.0-Linux-x86_64.sh

インストールが開始します。対話式のインターフェイスが起動するので、yes/noで答えて行きます。ライセンスとかPATHを通すか?とか聞かれますのでOH!! yes, yesの精神で答えていきましょう。ただ1つ注意点です。

install VS Code...

的な質問にはnoを入力しましょう。管理者権限が必要なので無理です。

インストールが終わったら


source ~/.bashrc

を実行しましょう。そうしたら


python

を実行して、anacondaのPythonが実行されれば成功です!

実行出来ねーYO!!って人はPATHを通すのに失敗している可能性があるので~/.bashrcに手動でPATH="$HOME/anaconda3/bin:$PATH"を通しましょう。


vi ~/.bashrc
...
...
...
PATH="$HOME/anaconda3/bin:$PATH"

保存したらもう一回.bashrcを読み込みます。


source ~/.bashrc

以上です。これでもっと遊べますね!!

追記

pip freezeとかやるとError吐く人向け


anaconda3/lib/python3.6/site-packages/pip/_vendor/distro.py", line 984 ...

anaconda3/lib/python3.6/site-packages/pip/_vendor/distro.py984行目でError出てるみたいなので、ちょこっと修正しましよう。

anaconda3/lib/python3.6/site-packages/pip/_vendor/distro.pyを開いて984行目まで移動して下さい。そして以下のように差し替えて下さい。


basenames = []
try:
  basenames = os.listdir(_UNIXCONFDIR)
  basenames.sort()
except OSError:
  basenames = ["os-release"]
[amazonjs asin=”4873117380″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”入門 Python 3″] [amazonjs asin=”487311778X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング”] [amazonjs asin=”B06XRQS8PN” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング (Future Coders(NextPublishing))”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。