「巨乳巫女痴漢電車」製作日記 その32 トークシステム

個人的にあったらいいな~と思っていた機能です。活かせるかどうかは今後の進捗とやる気と…皆様からの寛大なご支援次第…かも知れない!!w

プレイヤーが話し出すのはありなのか問題

個人的には↑みたいなエモートもそうですけど、キャラクターに感情移入出来るのが好きなんですが、いらないよ~って人の気持ちも何となく分かる気がしますw

とりあえずON/OFF機能を付けて様子見ですかね~。

ON/OFFも利便性を考え出すとオプション機能とか作って、外部ファイルに設定を保存して…っていう工数が発生するのでまあまあゲンナリしますw

頭痛が酷い

まあ原因は間違いなくずっとモニター見てるからなのですがw

一旦開発を初めてしまうと没頭してしまうので悩んでいます。休憩したほうが間違いなく効率が良いんですけどね~。

徹夜して何かが上手く言った記憶が無いですし。

過去の開発記事を見る

    “「巨乳巫女痴漢電車」製作日記 その32 トークシステム” への2件の返信

    1. こんばんは、制作頑張っているようで何よりです、
      話し出すというのは吹き出しとかで話す感じですか?
      吹き出しなら画の邪魔にならなければ有っても良いかと思います、
      私的にはエモートだけでも良いかと思います、
      各々個人で判断は変わりますね、
      一言言葉
      ち.痴漢!! い.いや~ん やめてください とかでしょうか、
      ありきたりですが^^;
      良い物が出来ます様心からお待ちしています、
      頑張ってください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。