Custom Brushesのやり方(Aseprite)

私的にドット絵界に新風を巻き起こしているPIXEL ART TOOLのAsepriteですが、日本語の情報はなかなか少ないです。そもそもドット絵に関しては日本語でもそこまで情報量は無いという現実が(ry

edgeやglaphicsGaleよりも使いやすいよ

とりあえずドット絵を始めよう…となって調べてみると、日本語で有名っぽいのはこの2つが上がると思います。あまりこういう比較はしたくないのですが(極めて主観的になってしまうので…まあブログ自体主観的なコンテンツなので許して下さい。)並べてみると

Aseprite > > > 越えられない壁 > > > GlapicGale = edge2 > > > 越えられない壁 > > > edge

こんな感じです。ご安心下さい。
こんなこと言っていますが、ご安心下さい。手手なドット絵しか書けない私が言っている時点で、信頼性は皆無なのですからw

Asepriteの優秀さ

他のドット絵エディタじゃ駄目なの?

https://www.sublimetext.com/

一度使うと手放せなくなる…sublimetextみたいなものです。どうでも良いですが、3が出るみたいですね。びっくりですw

話を戻しますが、Asepriteは簡単にレイヤを複製出来て(Shift + N)、アニメーションの1単位 = フレームも簡単に管理出来ます(Alt + N)。こんな感じで、直感的なショートカットがデフォルトで設定されていて、どんなにぐちゃっと適当に線を引いても必ず1ピクセルできれいに結んでくれるパーフェクトピクセルは素晴らしいし、オニオンスキンとかの機能も相まって恋するドット絵エディタになっていますw

https://www.aseprite.org/

Custom Brushesってどうやってやるの問題

Asepriteにはたくさんの機能があります。ショートカットなどは非常に直感的に配置されていてとっても使いやすいのですが、公式のgifで紹介されているCustom Brushesのやり方がイマイチわかりませんでした。

Custom Brushesって分かりますかね?公式からgif引っ張ってこようかと思いましたが無理だったので自分で撮りましたw

こういうやつです。色の境界とかで使うといい感じにブラーっぽくなる雰囲気です!

やり方

  1. Mキーを押して、範囲選択モードに切り替える
  2. ブラシにしたいドット範囲を選択する
  3. Ctrl + Bキーを押すと…

やっほぃ!!!巨乳巫女痴漢電車もYOROSIKU!!!!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。